コンサルタント紹介
呉非(ウーフェイ) 日中両国のビジネス経験を生かし、日本製品の中国進出をサポートします。
呉非(ウーフェイ) 呉非のブログを見る
久能克也 日夜、タオバオの仕組みと集客方法を研究。「日本一タオバオで売れるオトコ」を目指しています!
久能克也 久能のブログを見る
渡辺篤 一番運営の現場に近いところにいます。ひょっとしたら「日本一タオバオに詳しい」かも?
渡辺篤 

タオバオモール(淘宝商城):タオバオのBtoCモール(1)

オバオモール(淘宝商城,taobao mall)とは、淘宝網(タオバオ)が運営する、
BtoCショッピングモールの名称です。

では、ふつうの淘宝網とはどう違うのでしょうか?

淘宝網はCtoC、つまり消費者と消費者が売り買いするための
サイトであるのに対して、タオバオモールはBtoC、
つまりB(Business、会社ってこと)がC、消費者に売るサイトだということ。


つまり、タオバオモールのお店は、運営者が法人でないとならない、
ということになります。しかも、原則的には「中国資本の内資法人」
でないとならない、とされているのです。


淘宝網はCtoCですが、実際は法人がたくさん出店してはいます。
が、逆にタオバオモールに個人が出店することはできないのです。


その他、タオバオモールに出店する際、クリアしなければならない
条件は以下の通り。

 ・販売から7日間は理由なく返品を受け付ける
 ・領収書の発行しなくてはならない
  (中国では、領収書を発行するということは数%の税金を支払うということと同義です)
 ・販売するブランドは、すべて中国で商標登録が済んでいること、また
  そのブランドの中国での販売権を商標登録元から委託されていること


結構やっかいなのです^^;

続きはこちら

タオバオモールへの出店・運営代行ももちろんご相談ください

Copyright (c) T.U.Business Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.