コンサルタント紹介
呉非(ウーフェイ) 日中両国のビジネス経験を生かし、日本製品の中国進出をサポートします。
呉非(ウーフェイ) 呉非のブログを見る
久能克也 日夜、タオバオの仕組みと集客方法を研究。「日本一タオバオで売れるオトコ」を目指しています!
久能克也 久能のブログを見る
渡辺篤 一番運営の現場に近いところにいます。ひょっとしたら「日本一タオバオに詳しい」かも?
渡辺篤 

中国のネットショッピングユーザー数をちょっとおさらい!

ネット人口3億人、ケータイネット人口1.2億人
いくらつらつらすごいすごいと書いてもなかなかピンとこないでしょうが、数字を見るとタオバオがどれくらいすごそうなサイトなのか、「ほぉ~」と思ってもらえるんではないかと思います。

まずは、中国13億人といいますが、ネットを使ってるのはぶっちゃけどれくらいいるの?って思ったことはありませんか?中国は格差が激しいっていうし、ほんの一握りの富裕層だけなんじゃないの?とか。そんなことはないんです。

2008年末の時点で、人口の22.6%、2.98億人がネットを使っています。約3億人ですよ!すでに日本の人口をはるかに超えちゃってます。ちなみに2007年は2.2億人くらいでしたので、伸び率は40%ちょっとですね。今後も同じくらいの勢いで伸びていく予測です。そのうち、90%の2.7億人がブロードバンドに接続しています。また従来都市部中心に普及していましたが、ここ1~2年で農村でのネット使用人口が急激に伸びていて(2008年末で約8500万人)、注目されるところです。またケータイでのネット接続人口は約1.2億人に達し、2007年の5000万人から実に2倍以上の伸び。2009年は3G時代(※)に突入するので、ケータイでネットショッピングというスタイルが中国でも急速に普及するかも知れません。

※中国は2009年1月に3G営業免許の交付を決め、急速に携帯電話によるデータ通信のインフラが整う見通し


で、ネットで買い物する人はどれくらいいるのでしょうか?
ネット人口3億人といっても、みんなネットゲームかなんかやってるんじゃないの?と思ったアナタ!結構スルドイです(笑)。確かにネット人口の63%がネットゲームをしており、かなりの人がゲームのためにネット接続しているようです。その他、検索が68%、ニュースなどの閲覧が78.5%、メールが57%、チャットが75.3%。メールよりチャットの使用率が高いのが特徴です。で、肝心なネットショッピングですが、これは25%となっています。7500万人くらいですね。今までの○億人という数字からすると見劣りしますが、それでも日本のネットショッピング人口と同じくらいです。今後伸びる余地はたくさんありますので、すぐに1億人、2億人......と拡大していくことでしょう。

2008年のBtoC市場は80億元(1200億円)、前年比72.4%の伸び
BtoC市場は2008年、前年より72%伸びて80億元の規模に達しました。大きく成長した原因としては、ネット人口・ネットショッピング人口そのものの伸びに加えて、タオバオが「タオバオ商城」というBtoCのプラットフォームをサービス開始したことが大きいでしょう。タオバオ商城は売上規模などはまだ公表していませんが、タオバオ本体から積極的にトラフィックを流すなど出店店舗の支援を惜しんでいませんので、相当のインパクトがあるだろうと想像されます。日本勢では、日本郵政が運営する「JapaNavi」や、BSIベリサインが運営する「バイジェイドットコム」などが2008年に参入しています。1年くらい経たないと業績の数字は出てこないでしょうが、「日本製品」というだけでは売れないと考えたほうが無難です。独自モールがゼロから集客するのにはかなりの投資が必要になりますので、どこまでの集客・マーケティング予算を準備しているのか、という点がポイントになるのでは、と思います。そういう意味では、中国NO.1の検索サイト「百度」と組んだ「ニッセン」は百度からの集客が見込めますので、一定の成功を収める可能性が高いのでは、と思います。

CtoC市場は1121億元、前年比139.5%の成長
タオバオが属するCtoC市場はどうでしょうか?2008年の流通額は1121億元(約1兆6815億円)で、初めて1000億元を突破しました。2007年が468億元ですから、実に2倍以上の伸びなわけです。このほとんどをタオバオが担っているわけですから、いかにタオバオが重要かをいくら強調してもしたりないということが分かっていただけると思います。ちなみに2009年の予測は2026億元(80.7%増)、2011年には3883億元にまで達するという見込みです。なんと約5兆8000億円ですよ。これだけの規模の買い物がネット上で、しかもほとんどはタオバオ上で行われるということですから、それがどれだけすごいことか考えてみてくださいね!

※データはCNNIC『2008年ネットショッピング総括および2009年の展望』による

                                     お問い合わせはこちらから>>

タオバオ幼稚園の全記事はこちら
上海TUのサービス内容はこちら

Copyright (c) T.U.Business Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.